手塚君と古川君V、中学の部は堀内さん 民友杯小・中学生将棋

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
小学生低学年の部で優勝した手塚君(中央)、準優勝の沖田君左、3位の庄谷君

 福島民友新聞社杯2018小・中学生将棋大会は29日、福島市の福島民友新聞社で開かれた。小学生低学年の部(1~3年)は手塚雅之君(柴宮小3年)、同高学年の部(4~6年)は古川雅也君(小原田小6年)、中学生の部は堀内柾希さん(福島大付中2年)がそれぞれ優勝した。

 日本将棋連盟県支部連合会と福島民友新聞社の主催。

 小学生低学年の部に8人、同高学年の部に20人、中学生の部に16人が参加し熱戦を繰り広げた。

 小学生低学年の部優勝の手塚君は「最初は押されていた決勝で逆転できてうれしい」と語り、同高学年の部の古川君は「特に準々決勝は苦しい対局だったが、粘り勝ちできて良かった」と話した。中学生の部優勝の堀内さんは「最初は劣勢でも、中盤以降に勢いよく指して相手を圧倒できた」と振り返った。