働き方改善に「奨励金」 福島県、目標達成した企業へ交付

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 県内企業のワーク・ライフ・バランス(仕事と生活の調和)推進を図るため、福島県は30日、働き方改善の取り組みを達成した企業への奨励金制度を創設、改善に取り組む企業の募集を始めた。男性の育児休業取得や時間外労働の削減などを積極的に進め、目標を達成した企業に奨励金10万~15万円を交付する。

 奨励金が交付されるのは、働き方改善につながる三つの項目で見直しを実践した企業。

 具体的には、男性の育休の7日以上の取得で10万円、時間外労働(3カ月間)を過去2年間に比べ平均15時間以上削減すると15万円、有給休暇(同)の取得が過去2年比で平均3日以上増加すると10万円を交付する。

 企業の働き方改革の後押しにつなげるほか、企業の取り組み事例を、モデルとして広く発信していく。制度に関する問い合わせは県雇用労政課へ。