いわき・豊間に「津波防災公園」開園 救援救助機能など備える

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
いわき市豊間地区に開園した防災機能を備えた豊間公園

 東日本大震災による津波で被災した、福島県いわき市豊間地区に整備された津波防災公園「豊間公園」が30日、同市平豊間に開園した。関係者や住民が災害時には住民の安全・安心を確保する憩いの場の完成を祝った。

 豊間公園は、同地区震災復興土地区画整理事業に併せて豊間海岸西側の高台住宅団地に隣接する形で整備された。

 面積は8.2ヘクタールで、災害時に多くの人を収容できる屋根付き広場や多目的グラウンド、子どもの遊具を備えた「こどもの広場」などで構成。災害時に救援・救助の拠点として対応できるよう非常用の発電機やトイレ、毛布や飲料水が保管された備蓄倉庫付きトイレなどの防災機能も備える。

 開園式では、清水敏男市長や菅波健市議会議長、地元の遠藤守俊豊間区長らがテープカットした。

 同日は、震災復興土地区画整理事業が完了した同地区をはじめ、同市の小浜、岩間、薄磯、久之浜各地区で竣工(しゅんこう)記念碑の除幕式も行われた。