7月の半数が『猛暑日』...福島と会津若松は観測史上最多を記録

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 連日、厳しい暑さが続いた7月の県内。福島地方気象台によると、福島市と会津若松市で7月の1カ月間で35度以上の「猛暑日」が15日間に上り、観測史上最多を記録した。福島市は1924(大正13)年の11日間を上回り、会津若松市は記録が残る1954(昭和29)年以降で最多となった。

 最終日の31日も高気圧に覆われ気温が上昇し、各地で「猛暑日」となった。会津若松市で7月の観測史上最高の37.3度を観測したほか、福島市と西会津町で36.8度に達した。全国で会津若松市は4番目、福島市と西会津町は9番目の暑さだった。

 7月に30度以上の真夏日にならなかったのは会津若松市で5日間、福島市で6日間のみだった。

 8月も高気圧に覆われる日が多く、猛暑は続く見通し。1日の最高気温は福島市38度、郡山市36度、白河市35度などと予想されている。