いわき薄磯に「祈りの鐘」  LC国際協会332―D地区が除幕

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
「祈りの鐘」完成を祝い除幕する関係者

 ライオンズクラブ(LC)国際協会332―D地区は7月30日、いわき市平薄磯に東日本大震災犠牲者への鎮魂を祈り設置したモニュメント「祈りの鐘」の除幕式を行った。

 同協会創立100周年記念事業の一環。市内に拠点を置く5クラブの出資で築いた。式では、主催者を代表して同地区の平野昭男前リジョンコーディネーターが「惨事を忘れてはいけない。祈りを込めた鐘の音が海原まで届くよう願う」とあいさつ。吉野正芳復興相と同市の渡辺仁副市長が祝辞を述べた。除幕後はいわき海星高生によるじゃんがら念仏踊りが披露された。