夢書いた「たこ」大空に 未来美術家・遠藤さんがワークショップ

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
夢を書いたたこを作るワークショップを開いた遠藤さん

 「未来美術家」として活動する遠藤一郎さんは31日、猪苗代町の自主保育サークル「森のようちえん こめらっこ」で、夢を書いたたこを作るワークショップを開いた。

 猪苗代青年会議所などが企画する、猪苗代町の学校を作品で彩る「ウォールアートフェスティバル」の一環。各地でワークショップを開いて集めたたこは連だこにして、3~5日に同町で開かれる「オハラ☆ブレイク」や11月のフェスティバル本番で揚げる。

 夢を書いたたこが揚がると、子どもらの歓声が上がった。遠藤さんは「夢を大空に揚げたい」と本番への意気込みを語った。