EXILEと19日共演 会津若松・湊中生徒、ダンスに磨き

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
本番に向け、ダンスに磨きをかける生徒ら

 19日に行われる岩手県釜石市の釜石鵜住居(うのすまい)復興スタジアムのオープニングイベントで、EXILEメンバーと共にダンスを披露する会津若松市の湊中生徒の練習が本番に向けて仕上げの段階に入っている。

 7月31日にはEXILEメンバーが設立したダンススクール「EXPG」のU―GE(ユゲ)さんらが同校を訪れ、レッスンが行われた。

 イベントでは、全校生徒28人がEXILEのUSAさんやTETSUYAさん、釜石市の中学生らと一緒に復興支援ソング「Rising Sun」に合わせて踊る。

 レッスンでは「何となく、手を動かしているようではだめだ」などと、厳しいアドバイスが飛んでいた。

 6月からレッスンで指導してきたU―GEさんは「1年生が心配だったが、形ができてきた。みんなのやる気が見える」と手応えを語った。

 レッスンは今回が最後で、生徒らは教職員と一緒に本番まで調整を重ね、ダンスに磨きをかける。

 3年の男子生徒(14)は「細かな動きをしっかりと意識し、みんなで教え合いながら練習を頑張りたい」と話した。