「空飛ぶ消火ホース」開発 迅速な消火!下にも放水...火元移動

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 東北大の田所諭教授、県ハイテクプラザの安藤久人主任研究員らでつくる研究チームが、火災時に空中から消火を行うロボット「空飛ぶ消火ホース」を開発した。消防士の安全確保や、建物内での迅速な消火活動が期待される。安藤氏が1日に郡山市で開かれた同プラザの研究成果発表会で報告した。

 ロボットは水を下に噴射しホースを飛行させ火元まで移動、散水する仕組み。先端にはカメラや熱探知装置を装備しており、火元の様子を確認しながら操作し、放水できる。

 試作型は約3メートルのホースの先端と中間に水を高圧噴射するノズルを取り付けた。今後は、消防はしご車からホースを飛行させ、窓などから進入させることを想定し、耐火性や消火能力の向上、ホースを10~20メートルに延長するなどして3年以内の実用化を目指す。安藤氏は「屋内での消火活動のリスクを軽減させたい。消防装備メーカーとも協力して事業化を目指す」と述べた。