おいしいモモどうぞ 福島ユナイテッド、選手たちが収穫に汗

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
もぎたてのモモを手にポーズを取る田坂監督(右)と安斎社長

 サッカーJ3の福島ユナイテッドの田坂和昭監督と選手らは1日、福島市飯坂町の安斎果樹園でモモの収穫に汗を流した。

 福島ユナイテッドは、風評払拭(ふっしょく)を目的にモモの「あかつき」を栽培。「福島ユナイテッドFCの桃」として試合会場やホームページなどで販売している。

 収穫には田坂監督、伊藤剛、前田尚輝、川上翔平、田村翔太、樋口寛規の各選手が参加。同果樹園の安斎忠幸社長に手ほどきを受け丁寧にもぎ取り、箱詰めした。

 モモは2日から、同市のいちい渡利店、蓬莱店、鎌田店、信夫ケ丘店、デポ食品館、南福島店で販売する。