指原莉乃さんら著名人と交流 双葉郡ゆかりの中高生「夢授業」

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
指原さん(右)と振り付けを考える中高生ら=2日午後、郡山市中央公民館

 双葉郡ゆかりの中学、高校生の交流会「フタバ ワンデー サマースクール」が2日、郡山市中央公民館で開かれた。人気アイドルグループHKT48の指原莉乃さんら4人の著名人を講師に迎え、生徒がダンスや動画制作に取り組み、一流の考えや発想に触れた。

 双葉郡教育復興ビジョン推進協議会の主催。双葉郡の子どもたちが古里の仲間と絆を強めることを狙いとして始まった毎年恒例の行事。「ふたばの教育復興応援団」の作詞家秋元康さんの呼び掛けで、指原さん、俳優のリリー・フランキーさん、フリーアナウンサーの古舘伊知郎さん、サイバーエージェント社長の藤田晋さんが講師を務めた。

 生徒約180人が4クラスに分かれて授業に臨んだ。このうち「指原莉乃と夢のステージ」と題した指原さんの授業では、生徒がAKB48の「恋するフォーチュンクッキー」にオリジナルの振り付けを考えながらダンスに挑戦した。

 指原さんは動きの小さい生徒に自身が中学、高校時代に不登校だったことを明かし、「学校に行っていないことで、私も周りの目を気にして不安だった。でも間違えることも目立つことも悪いことではない。恥ずかしがらないで」とアドバイス。生徒たちはオリジナルの「双葉ポーズ」などを取り入れてダンスを完成させ、指原さんと一緒にステージで踊った。

 生徒(楢葉中3年)は「指原さんが一人一人の目を見ながら指導してくれてうれしかった。最初は緊張して戸惑いもあったが協力してダンスを完成できて達成感があった」と話した。