レンタサイクル開始 白河のホテル、サイクルツーリズム推進

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
貸し出しが始まった自転車に試乗する円谷副市長(右)と小川社長(左)、高橋村長

 JR新白河駅前の東京第一ホテル新白河(西郷村)は2日までに、自転車を有料で貸し出す「レンタサイクル」事業を開始した。

 白河市と西郷村、栃木県那須町の3自治体連携による観光振興施策「サイクルツーリズム推進事業」の一環。

 ホテルの施設内には、「レンタサイクルステーション」が整備され、飲食店の機能も備わっている。

 同所でのオープニングセレモニーで、小川右二社長と円谷光昭白河副市長、高橋広志西郷村長がテープカットした。小川社長は「白河地域の発展につながると信じている」とあいさつした。

 自転車の利用時間は午前9時~午後6時。料金は1日2千円(3時間以内は千円)。同ホテル利用者以外も利用可能。飲食などのサービスは午前6時30分~午後10時30分。

  問い合わせは同ホテル(電話0248・24・0001)へ。