タグラグビー楽しい 玉川で教室、ヤクルトチームが指導

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
ヤクルトチームの選手とタグラグビーを楽しむ子どもたち

 玉川村公民館は2日、同村のたまかわ文化体育館クックドームで「タグラグビー」教室を開き、子どもたちがプレーを楽しんだ。

 タグラグビーはタックルなどの身体接触をしないため、多くの人が楽しめる競技。村の小学生約30人が参加し、ヤクルトのラグビーチーム「Levins」の高安勇太朗監督と選手8人が講師を務めた。

 子どもたちは選手の指導を受け、ボールを持ちながら走ったり、味方へのパス、ボールキャッチ、キックなどを練習した。