就農意欲を高めて 磐城農高生80人が参加、ガイド講座体験

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
ブルーベリーを味わう生徒たち

 福島県いわき農林事務所は3日、いわき市大久町のピコブルーベリー農園などで「フレッシュ農業ガイド講座」を開き、参加した磐城農高生たちが農業の現場に触れた。

 農業法人などの経営内容や生産状況の見学、作業体験を通し、農業への関心や興味を深め、就農意欲を高めてもらおうと開催。今回は同校園芸科、食品流通科の1年生約80人が参加した。

 同農園では園芸科の生徒約40人がスタッフの話に耳を傾けた。農園を運営する上で苦労したことややりがいなど経験談を聞いた後、ブルーベリー狩りを体験。みずみずしい果実を口に含むと「おいしい」と声を弾ませ、同市産農産物のおいしさを再認識していた。