お湯のしぶきを浴びて『商売繁盛』 東山温泉・お湯かけまつり

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
勢いよく上がるお湯のしぶきを浴びながら温泉街を練り歩くみこし

 会津若松市・東山温泉の恒例行事「お湯かけまつり」は4日、同温泉で行われ、旅館やホテルの宿泊客がみこしに向かってお湯を掛け、家内安全や商売繁盛などを願った。

 同温泉観光協会の「東山盆踊り」に先立ち毎年行われている。地元住民らが担ぐ「大人みこし」と子ども会の「子どもみこし」が同温泉街を一周した。

 同温泉では13日から16日まで「東山盆踊り」が行われる。15日午後7時からは「福島民友新聞社と東山芸妓(げいぎ)の夕べ」が開かれる。