市街巡りスタンプ集め 「ふくしま健民アプリ」会津若松コース開設

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
レトロな町並みを楽しむ市川こいくちさん(左)と参加者

 県民の健康づくりをポイント化するスマートフォン向けアプリ「ふくしま健民アプリ」のスタンプラリー機能に4日、会津若松市の中心部を周回するコースが開設された。同日、同市中町のコミュニティー拠点「塩蔵2924」などで、コースを巡るイベントが行われ、参加者がスマートフォンを片手に、まち歩きを楽しんだ。

 スタンプラリーは、野口英世青春広場、七日町パティオなど8カ所に掲示されたQRコードを読み取ることで、スマートフォン内のスタンプ帳にスタンプが押されるシステムで、全て集めるとアプリポイントが獲得できる。参加者は、ゲストとして登場したお笑い芸人の市川こいくちさんと共に「塩蔵」を出発。野口英世青春通り、七日町通りなどを歩いて汗を流した。

 スタンプラリーの実施期間は11月4日まで。