主演の西村さんら意気込み 映画「それぞれのヒーローたち」

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
記者会見に臨む渡辺監督(左から2人目)、西村さん(同3人目)ら

 高校野球に打ち込む球児2人の青春と生きざまを1人の女性の目線を通して描く映画「それぞれのヒーローたち」の記者会見が5日までに、いわき市常磐上湯長谷町のいわきFCパークで開かれた。

 主人公の一人「高萩文孝」を演じる俳優の西村和彦さんは「いわきの人々と一緒に映画を作れるのが楽しみ」と意気込みを語った。

 映画は1983(昭和58)年に、全国高校軟式野球選手権大会で準優勝した平工高の軟式野球部の活躍などを描いた。日本フルーツアートデザイナー協会が中心となって製作しており、10月の公開を目指している。

 渡辺世紀監督は「思いを発信できる映画にしたい」、西村さんは「映画の中で主人公は自分のヒーローを見つける。日本中みんながヒーローになるきっかけになる作品にしたい」と述べた。

 友情出演する俳優の串間保さん、飯田悠仁さん、森脇ななさん、中藤契さん、ヒロインのモデルでプロデューサーを務める同協会代表の高梨由美さんも出席した。

 撮影は8日まで、市内各地で行われている。