お菓子の「福まき」人気 会津若松・神明神社祭礼にぎわう

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
子どもたちの人気を集めた福まき

 会津若松市の神明神社の祭礼は4日、同神社境内や歩行者天国となった神明通りで開かれ、大勢の人でにぎわった。

 アーケードが架け替えられた神明通り中央付近では、毎年恒例のお菓子の「福まき」が行われ、子どもたちが懸命に手を伸ばした。歩行者天国の通りでは自衛隊特殊車両や消防車両の展示、消火体験なども行われた。初の会津ハワイアン・フェスティバルも開かれ、愛好者が音楽に合わせて華麗なフラを披露した。

 通りには出店が数多く軒を連ね、通りが活気にあふれた。路面への落書きコーナーなども人気を集めた。

 同神社境内ではお神楽やもちまきが行われ、活気づいた。