「台風13号」9日・福島県に最接近 8日・夕方から大雨の恐れ

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 強い台風13号は7日、伊豆諸島の南海上で北上を続けた。今後は勢力を維持し、9日は東北の太平洋沿岸を北上する見通し。猛烈な風が吹き、海上は大しけとなる。同日昼ごろに本県に暴風域を伴ったまま最接近する見通し。

 福島地方気象台によると、台風が接近とともに速度を落とすこともあり、影響は長引く。総雨量がかなり多くなる恐れもあり、土砂災害や浸水害、洪水への厳重な警戒が必要。特に8日午後6時から24時間の雨量は多い所で200~300ミリと予想され、平年の8月の総雨量を超える。

 同気象台は7日、福島市で記者会見を開き、村上雅規観測予報管理官が「台風によって本県で大きな影響を受ける恐れがある。最新の気象情報に留意し、対策を早めに行い、風雨の強いときは極力外出しないことが重要だ」と注意を呼び掛けた。

 台風13号の接近に伴い県は7日、県庁で庁内の防災連絡員と各市町村の防災担当者を交えた合同会議を開き、避難所開設の要請があった場合の連絡体制や農作物の被害防止に向けた技術対策を確認した。

 「点描画一日講座」9日は中止

 福島民友新聞社が9日にとうほう・みんなの文化センター(福島市)で開催予定だった「点描画一日講座」は、台風接近に伴う悪天候が予想されるため、中止します。

 17日の同講座は予定通り開催します。問い合わせは福島民友新聞社読者センター「点描画講座」係(電話024・523・1230、平日午前10時~午後4時)へ。