福島県産モモ使用「ももバーガー」販売へ 国見、伊達の道の駅

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
「ももバーガー」の商品イメージ

 県産モモを使った6次化商品「ももバーガー」が9日に道の駅国見あつかしの郷(国見町)、12日に道の駅伊達の郷りょうぜん(伊達市)で販売される。県が7日に発表した。

 県が創設した6次化商品ブランド「ふくしま満天堂」とパン製造販売「八天堂」(広島県三原市)のコラボ商品。それぞれ国見町、伊達市で生産されたモモを使用し、クリームを添えたスイーツバーガー。

 独自のアレンジも加わっており、値段は国見町が450円、伊達市が420円(いずれも税込み)となる。