「台風13号」福島県上陸の恐れ 9日・昼前から夕方にかけ接近

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
防波堤に激しく打ち寄せる高波=8日正午すぎ、いわき市四倉港

 強い台風13号は8日夜にかけて房総半島の太平洋側を進み、やや勢力を弱めて9日朝には茨城県付近に達する見通しだ。西寄りに進むと上陸する可能性がある。速度が遅く、暴風雨が長時間続く恐れがあり、気象庁は土砂災害や浸水、川の増水・氾濫、高波、高潮に厳重な警戒を呼び掛けた。

 台風は関東に接近後、東北の太平洋沿岸を北上する見通し。本県には9日昼前から夕方にかけて、暴風域を伴って接近し上陸する恐れがある。

 福島地方気象台によると、9日午後6時までの24時間雨量は浜通りと中通りで200ミリ、会津で150ミリが見込まれる。猛烈な風も予想され、最大風速は浜通りの海上で30メートル、陸上で18メートル、中通りで23メートル、会津で12メートル。予想される波の高さはうねりを伴う10メートルで、気象台は大雨や洪水、暴風、高波、高潮に厳重に警戒するよう呼び掛けている。

 県は8日、県庁で各部局の政策監らを集めた危機管理室員会議を開き、被害防止へ対応を確認した。災害対策課の担当者が気象情報を説明。農林水産部は、農業水路に近づかないことやため池の点検など技術情報を発令したと報告。土木部は道路のパトロールなどを実施するとした。