追突事故で大型トレーラー「荷崩れ」...国道4号が一時通行止め

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
国道4号を通行止めにして行われた鉄骨の積み替え=8日午前7時ごろ、福島市

 8日午前1時20分ごろ、福島市の国道4号で、田村市の40代男性の大型トレーラーが信号待ちをしていた大型トラックに追突し、トレーラーの鉄骨約20トンが荷崩れした。

 福島北署によると、鉄骨の積み替え作業のため、下り線の約700メートルの区間が、午前5時45分から約3時間にわたり通行止めとなった。同署が原因を調べている。けが人はいなかったという。