郡山の民家強盗で市内の男2人「逮捕状」 逃走中、行方を追う

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 郡山市の民家で7月、金庫が奪われ、60代女性がけがをした事件で、郡山署は8日、強盗致傷の疑いで同市の男2人の逮捕状を取った。2人は逃走しており、同署が行方を追っている。

 捜査関係者によると、市内の山中で逃走車両とみられる黒いワンボックスカーを発見、同署が2人組の割り出しを進めていた。

 同署によると、7月5日午前11時30分ごろ、2人組が同市の男性方で公園の場所を尋ねるふりをして、玄関の扉を開けた妻の口を押さえ、手足を電気コードで縛って金庫を持ち去った。

 同署は、妻に金庫の場所を尋ねることもなく、目に付かない場所にあった金庫を持ち去ったことから、あらかじめ金庫の場所を知っていて内部事情に精通していた可能性が高いとみて捜査していた。