福島ユナイテッド、タイで福島県産モモPR 現地で親善試合へ

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 サッカーJ3の福島ユナイテッドFCは8日(日本時間同日)、タイ・1部リーグのエアフォースセントラルFCと現地で親善交流試合「フクシマ・ピーチマッチ」に臨み、モモをイメージした夏限定のピンクのユニホーム姿で県産モモをアピールした。

 これに先立ち7日(日本時間同日)、選手たちはバンコク市内の大型商業施設や百貨店など3店舗で店頭プロモーションに参加。畠利行副知事と共に、モモの試食、販売を行った。

 ユニホーム姿の選手たちは、タイ語で試食を勧め、来店客から写真撮影を求められるなど人気を集めていた。