喜多方食材のラーメン好評 豪華寝台列車・四季島で提供

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
四季島で提供されている喜多方の食材を使ったラーメン(JR東日本提供)

 福島県などを巡るJR東日本の豪華寝台列車「トランスイート四季島」は、列車内ラウンジのメニューの一つとして7月から喜多方の食材を使った「四季島オリジナル醤油(しょうゆ)ラーメン」を提供し、利用者から好評を得ている。

 JR東日本によると、麺は喜多方市の河京、スープのしょうゆだれは同市の星醸造の商品を使用し、四季島の岩崎均総料理長がオリジナルのしょうゆラーメンを作った。

 四季島が運行するコースに喜多方市が入っていることから、旅行先の人気料理を味わってもらおうと加えたという。