20代男性がライン23万円詐欺被害 友人装った男からメッセージ

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 浪江町の20代男性が、友人を装った男に無料通信アプリ「LINE(ライン)」で23万円をだまし取られたことが9日、双葉署への取材で分かった。同署は「なりすまし詐欺」事件として調べている。

 同署によると、男性の携帯電話に同日午前、ラインで「近くのコンビニでウェブマネー(電子マネー)を購入して、パスワードの写真を送ってほしい」とメッセージがあった。

 男性がコンビニで電子マネーを購入、パスワードの写真を送信すると、さらに「追加で購入できるか」とあり、男性は複数回にわたり計23万円分の電子マネーを購入した。写真を送信後、男性が友人と話して詐欺と分かった。