最新型「手術支援ロボット」導入 郡山・総合南東北病院

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
手術支援ロボット「ダ・ビンチXi」の遠隔操作機

 郡山市の総合南東北病院(渡辺一夫理事長)は、最新型の手術支援ロボット「ダ・ビンチXi」(米国製)を導入した。同病院によると、旧型の「ダ・ビンチSi」も含めて「ダ・ビンチ」の導入は県中、県南地方では初めてで、県内では5カ所目。

 同ロボットは、体への負担が少ない低侵襲手術を目的に開発された、内視鏡手術を行うための装置。患者の腹部に小さな穴を数カ所開け、3Dカメラと人間の手のようにスムーズに動く「アーム」を挿入、医師が拡大された立体映像を見ながらアームを遠隔操作で動かし手術する。

 同ロボットでの手術は、保険適用範囲が前立腺がんや腎臓がんなど泌尿器系に限られていたが、4月に胃や肺の手術まで拡大された。同病院は「患者の体への負担を減らしたい。今後、さらにダ・ビンチを使った手術の需要は高まるだろう」としている。