福島県産の農産物活用、親子が料理挑戦 アオウゼで地産地消教室

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
県産品を使った料理について解説する本田さん(左)

 県ユニセフ協会と県生協連は10日までに福島市のアオウゼで地産地消親子料理教室を開き、泉崎村出身の料理家本田よう一さんの指導で、親子らが県産品を使った料理を楽しんだ。

 約30人が参加。県産農産物を使ったチーズハンバーガー、ツナとタマネギのアボカドディップ、桃のフロートを作った。