本宮市が第8弾「マンホールカード」配布開始 実物は駅近く

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
本宮市が11日から配布しているマンホールカード

 本宮市は、全国の地域性豊かなカラーマンホールの図柄を紹介する「マンホールカード」第8弾に加わり、11日から同市役所上下水道課窓口で同カードの配布を始めた。閉庁日は日直窓口で対応する。

 同カードは全国の地方公共団体とGKP(下水道広報プラットホーム)が共同制作。下水道に興味を持ってもらうのが狙い。第8弾では、418種364自治体が発行する。

 同市の実際のカラーマンホールはJR本宮駅近くに設置されている。近くには色違いのマンホールもある。マンホールのデザインは、同市の木である「まゆみ」の木。カードの裏面にはデザインの由来を文字で紹介している。配布は午前8時30分~午後5時15分で1人につき1枚。2000枚を用意する。