最優秀に夏井、勿来 いわきで100歳弁当コンテスト

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
「5色を食べて達者が一番」部門最優秀賞の夏井支部の弁当

 JA福島さくらいわき地区健康寿命100歳プロジェクトの100歳弁当コンテスト審査会は12日までにいわき市のJA福島さくらいわき地区本部で開かれ、5色の部最優秀賞に夏井支部の「今年も作るぞ夏野菜の力弁当」、乳和食の部最優秀賞に勿来支部の「乳和食弁当2018」が選ばれた。

 地区内の各支部から、赤、黄、緑、白、黒の5色の彩りや食材バランスをテーマとする「5色を食べて達者が一番」部門に19点、減塩効果が表現できているかをテーマとする「乳和食」部門に3点の応募があった。審査委員長のパレスいわやの渡部賢治洋食調理長、同JAの大和田正幸いわき地区本部長ら8人が味や見栄え、地元産食材の使用などを審査した。各部門入賞の計6点は「あなたに届けるJA健康寿命100歳弁当」コンテストに応募される。