飯舘・道の駅までい館『1周年』 懐かしのコーヒーを振る舞う

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
村復興への願いを込めて風船を放つ来場者

 飯舘村に昨年8月開業した復興拠点施設「いいたて村の道の駅までい館」の1周年に合わせたイベントが11日、同道の駅で開かれ、来場者が古里再生へ思いを一つにした。

 「にぎわい夏祭り」と銘打って開催。祭りに先駆けて、来場者100人が花の種が入った風船に復興を願うメッセージを書き込み、"までいの大空"に放った。東京電力福島第1原発事故による避難指示で、村から福島市に避難して営業を続けるコーヒーショップ「椏久里(あぐり)」も出店。懐かしのコーヒーを振る舞った。

 同道の駅は昨年8月12日、県内31番目の道の駅として営業を開始。村特産品の販売コーナーやコンビニエンスストアが設けられている。