桐谷美玲さんらとランウエーから『福島の元気』 都内でイベント

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
笑顔でランウエーを歩く本県の子どもたち=東京・フジテレビ

 本県の小学1~6年生6人が11日、東京・台場のフジテレビ本社で開かれた東京ガールズコレクションの関連イベントに出演した。6人は、モデルの桐谷美玲さんや松井愛莉さん(いわき市出身)らと一緒にランウエーを歩き、復興へ前進する本県の元気を表すように爽やかな笑顔を届けた。

 出演したのは白河市の星紗英さん(白河一1年)、郡山市の桑名愛斗君(小原田1年)、ともに福島市の武藤蓮花さん(清水3年)と遠藤こころさん(余目4年)、いわき市の上遠野結月さん(勿来一5年)、伊達市の菅野美桜さん(保原6年)。書類選考とオーディションで選ばれ、夢の舞台への切符を手にした。

 イベントは「ワンガン夏祭り」の席上開かれた。桐谷さんら人気モデルと手をつないで歩いた6人はランウエーの先端で決めのポーズを披露すると、会場から温かい拍手が送られた。桑名君は「周りにたくさんの人がいて緊張したけれど、楽しかった」と話し、モデルになるのが夢という菅野さんは「モデルの皆さんと一緒にランウエーを歩けてうれしい」と瞳を輝かせた。

 開演に先立ち、鈴木正晃副知事が「震災後の支援への感謝の気持ちと、今の元気な福島を伝えたいと一生懸命練習を重ねた」と6人の努力を紹介した。