南郷トマト「モスバーガー」3種類発売 18日から県内16店舗

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
南郷トマトを収穫するスタッフ

 モスフードサービス(東京都)は18日から、県内のモスバーガー全16店舗で南会津町特産の南郷トマトを使った3種類のバーガーを販売する。26日まで。発売を前に17日、県内店舗の店長らが同町の農場で南郷トマトの収穫を体験した。

 南郷トマトは、地域ブランドを守る農林水産省の地理的表示(GI)保護制度の対象に本県製品として初めて登録されたばかり。販売されるのは、パンの代わりにトマトで肉やレタスを挟んだ新商品「トマトサラダバーガー」(税込み490円)、南郷トマトの輪切りを2枚使用した「デラックスモスバーガー」(同650円)と、チーズを加えた「デラックスモスチーズバーガー」(同680円)。一部店舗を除き、南郷トマトも1個180円(税込み)で販売する。

 17日は店長ら13人が計26キロを収穫。同社によると、収穫前に気温が下がり色づきが悪かったが、追熟して赤くなるため問題はないという。期間中、計600ケースを店舗に直送する予定。