情感たっぷり「檜枝岐歌舞伎」 鎮守神祭礼奉納、大勢の観客魅了

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
迫真の演技で観客を魅了した座員ら

 檜枝岐村の檜枝岐歌舞伎は18日、同村の国指定重要有形民俗文化財「檜枝岐の舞台」(舞殿)で鎮守神祭礼奉納として上演され、観客が270年以上の歴史を誇る伝統の歌舞伎を楽しんだ。

 村民でつくる千葉之家花駒座(星昭仁座長)が年2回、愛宕神、鎮守神両祭礼の日に奉納している。この日は舞台清めの寿式三番叟(さんばそう)で開幕。「南山義民の碑 喜四郎子別れの段」と「一之谷嫩軍記(いちのたにふたばぐんき)須磨浦の段」の2演目を上演した。

 源平合戦の一場面を題材にした「一之谷嫩軍記 須磨浦の段」では、座員が戦の無常と武士の忠義を熱演し、迫真の演技に詰め掛けた観客から大きな拍手が送られた。