サッカーと福島の魅力楽しむ 「OYAJI CUP」初開催

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
サッカーを楽しむ参加者

 福島市と福島ユナイテッドFCは18、19の両日、同市の十六沼公園サッカー場やとうほう・みんなのスタジアムで、サッカーを通じて同市の魅力を感じてもらう「第1回OYAJI CUP」を開き、FC Atleta(東京都)が優勝した。

 18歳以上の社会人が対象で、試合は30歳以上の選手が5人以上いなければならない特別ルールで行われた。

 競技で汗を流した後、市内で宿泊し、地元の食や地酒を味わってもらうことで福島ファンの獲得やにぎわい創出を図るのが目的。

 同市や宮城県、東京都などから4チームが参加。競技は4チームの総当たり戦で行われ、優勝チームに地元の銘酒「金水晶」が送られた。

そのほかの成績次の通り。

〈2〉北陵ユナイテッド(仙台市)〈3〉福島医大OB〈4〉福島ユナサポFC