9月場所へ白熱の稽古 大相撲の千賀ノ浦部屋、湯川で合宿

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
土俵で子どもと交流する力士

 大相撲千賀ノ浦部屋(東京都台東区)の夏合宿は19日、湯川村で始まり、所属力士たちが9月場所に向け稽古を重ねている。25日まで。

 合宿は今年で2年目。常磐山親方と同じ拓殖大出身の村職員がいることが縁で、村合併60周年の記念事業として昨年初めて誘致した。

 今年は常磐山親方のほか、幕下の舛東欧ら力士6人が来村。会津坂下町ゆかりの優力も参加している。

 力士たちは朝稽古で激しいぶつかり合いを見せているほか、地元の少年力士たちとの交流も行っている。

 朝稽古は23、24の両日も実施し、自由に見学できる。午前7時~同10時30分。