勤務先でクレジットカード盗む 郡山市、窃盗起訴の職員懲戒免職

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 郡山市は21日、猪苗代町のホテルで腕時計を盗んだとして逮捕、起訴された臨時職員の被告(27)が、勤務していた保育所(郡山市)で同僚のクレジットカードを盗んでいたと発表した。被害に遭った同僚の職員が被害届を提出、市は21日付で被告を懲戒免職処分にした。

 市によると、被告は臨時の調理員、用務員として採用された6月11日以降、同保育所のロッカールームから同僚の職員のクレジットカードを盗み、飲食などに使用した。被害額は約1万円に上るという。

 被告は、ホテルの男子大浴場脱衣場で30万円相当の腕時計を盗んだとして猪苗代署に逮捕された。被告が他人名義のクレジットカードを持っていたため、同保育所での盗みが発覚した。同僚の職員は7月26日に、同署に被害届を提出した。

 市はこのほか、4月20日に、旅行で訪れた兵庫県の中国縦貫道で制限速度を上回る時速123キロで乗用車を運転したとして、40代の男性職員を戒告の懲戒処分とした。男性職員は今月6日付で免許停止処分を受けたという。