コシノジュンコさん「常に新たなもの吸収を」 挑戦の大切さ語る

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
講演するコシノさん

 世界的ファッションデザイナーのコシノジュンコさんは22日、郡山市のけんしん郡山文化センターで講演し、夢を実現させるために、挑戦し続けることの大切さについて話した。郡山商工会議所青年部の主催。

 コシノさんは「世界へ羽ばたくために」と題して、1978(昭和53)年にパリ・コレクションにデビューしてから、85年に中国・北京で、中国最大といわれるショー、96年にキューバで世界初のファッションショーを開催した経験を踏まえて講演した。

 コシノさんは「パリ・コレという一つ大きな勝負をしてから、どこに行っても怖くなくなった」と振り返り、「世界に通用するためには、中途半端なものではなく『自分が感動する』と思うものを思いきってやることが大切」と説明した。その上で、作品作りにおいて「自ら努力と挑戦を続け、常に新たなものを吸収していかないと、チャンスすら一生つかめない」と語った。

 引き続き、コシノさんは郡山市の国際ビューティファッション・製菓大学校の学生とファッションについて意見を交わした。