医師の夢へ現場体験 高校生、手術や内視鏡治療見学

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
手術を見学する生徒ら

 福島県教委は21日、郡山市の総合南東北病院で、医師を目指す高校生を対象にした医療体験セミナーを開き、生徒たちが医師の仕事に触れた。

 県教委の委託事業「ふくしまの未来を医療で担う夢応援事業」の一環。委託を受けた医療人ネットワーク(福島市)と同病院が連携して開催した。

 県内の高校1年生19人が5班に分かれ、外科の手術や内視鏡治療を見学。

 実際に行われている手術の現場に入り、医師に質問を投げ掛けて手術の手順などを確認していた。