「さざえ堂」ライトアップ...白虎隊士ら鎮魂 会津若松・飯盛山

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
白虎隊士と戊辰戦争戦死者の供養でライトアップされたさざえ堂=23日、会津若松市

 戊辰戦争で若い命を散らした白虎隊士や戊辰戦争戦死者らを慰める「TAMASHIZUME(たましずめ)鎮魂祭」が23日、会津若松市の飯盛山会津さざえ堂広場で始まった。さざえ堂や周辺がライトアップされ、集まった人々が先人に思いをはせた。戊辰150年事業で25日まで。

 鎮魂祭は、飯盛山商店会、Coderdojo Aizu、環境保全会議あいづECA、地元有志などでつくる実行委の主催。初日は白虎隊19士の霊像が安置されているさざえ堂前の宇賀神堂で神事などが行われた。

 白虎隊士がくぐり抜けた戸ノ口堰洞穴の水を使ったマイクロ小水力発電機の電気などを活用し、さざえ堂をライトアップしたほか、鎮魂(たましずめ)ライブも開かれた。発光ダイオード(LED)を水に浮かべた。

 ライトアップは24、25の両日の午後6時30分~同8時にも行われる。