福島県の中学校長「セクハラ」懲戒処分 スペインで知人女性に

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 県教委は24日、文部科学省の委嘱でスペインのバルセロナ日本人学校に長期研修として派遣していた中学校の校長(54)が知人女性にセクハラ発言やセクハラ行為をしたとして、停職12カ月の懲戒処分とした。校長は同日付で依願退職した。

 県教委によると、校長は昨年4月から、県内の中学校に在籍したまま、文科省が委嘱する日本人学校の校長として現地で勤務。今年7月中旬、バルセロナ市近郊で被害女性を含む数人と食事を取った後、2人になった際に性交渉を誘う言葉を複数回掛けたほか、「肩をもんであげる」と腹部を触った。

 女性が「やめてください」と拒み、当日夜に日本人学校に電話したため発覚した。国は今月7日付で日本人学校の校長を解任、校長は帰国し自宅待機していた。校長は「極めて不適切な言動によって被害女性を深く傷つけてしまい、誠に申し訳ない」と話しているという。

 県教委の懲戒処分は本年度に入ってから10件目。