「安全・安心でおいしい給食を」 伊達中央給食センター完成

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
開所した伊達市中央給食センター

 伊達市保原町字船橋に整備が進められていた伊達市中央給食センターが完成し24日、現地で開所式が行われた。27日に始まる2学期から、市内の幼稚園、小、中学校に給食を提供する。

 保原、梁川、霊山、月舘地域の4幼稚園、19小、中学校に約3800食を配送する。災害時の炊き出しにも対応可能。グリーンハウス(東京都)が業務を請け負う。建物は鉄骨2階建てで、延べ床面積は約3210平方メートル。

 式では、須田博行市長が「安全・安心でおいしい給食を提供することが最大の責務」とあいさつ。佐々木彰市議会議長、金子恵美衆院議員らが祝辞を述べた。霊山太鼓石田東部太鼓保存会による太鼓演奏のアトラクションも行われた。