華麗な盆踊り披露 ゆかたコンテスト、二本松・岳温泉

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
ゆかたコンテストで入賞した(左から)保住さん、大内さん、菅野さん

 第64回岳温泉観光仮装盆踊り大会は最終日の26日、二本松市岳温泉のヒマラヤ大通りで時折雨の中、盆踊りと仮装・コスプレコンテスト、ゆかたコンテストが行われ、2日間の幕を閉じた。岳温泉観光協会、岳若連会、福島民友新聞社、福島中央テレビなどでつくる実行委の主催。

 ゆかたコンテストでは参加した23人が大通り中央のやぐらを囲み、華麗な盆踊りを披露した。

 鈴木安一岳温泉観光協会代表理事、菅野芳美福島民友新聞社取締役事業局長らが審査した。いずれも会社員で二本松市の保住明日香さん(33)、本宮市の大内郁さん(29)、福島市の菅野楓さん(24)の3人が入賞し、記念のトロフィーや副賞の化粧筆などを受けた。

 保住さんは「毎年参加しているが入賞は初めて」、大内さんは「私でいいのかと驚いている」、菅野さんは「悪天候の中、笑顔で踊れた」と笑顔を見せた。

 仮装・コスプレコンテストでは、多彩な衣装に身を包んだ踊り手らが来場者の目を引いていた。