室屋、エアレース8位 今季第5戦、総合順位変わらず

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 レース専用飛行機の国際大会「レッドブル・エアレース・チャンピオンシップ」の今季第5戦カザン大会は26日、ロシア・カザンで決勝ラウンドが行われた。

 昨季年間総合王者の室屋義秀(45)=福島市=は決勝2回戦で敗退し、8位だった。獲得ポイントは3で、今季のポイントは22となったが年間総合順位は5位のまま。優勝はマルティン・ソンカ(チェコ)だった。

 25日の予選で5位だった室屋は決勝ラウンド1回戦でニコラス・イワノフ(フランス)と対戦し、ペナルティーなしの安定した飛行で52秒774を記録し勝利した。

 2回戦はカービー・チャンブリス(米国)と対戦。51秒643の好タイムで相手を上回ったが、エンジン回転数が規定をオーバーする「オーバーRPM」と判定され失格となり、4人で競う最終ラウンドに進めなかった。

 第5戦終了時点で、総合1位のマイケル・グーリアン(米国)とは33ポイント差。第6戦は9月15、16の両日、オーストリアのウィーナー・ノイシュタットで行われる。

 第7戦は米インディアナポリスで10月6、7日に、今季最終戦となる第8戦は米テキサス州フォートワースで11月17、18日にそれぞれ行われる。

 室屋は2016(平成28)年にみんゆう県民大賞のスポーツ賞を受賞。昨年、県民栄誉賞を受賞した。