郡山南RC、タイのRCと友好締結 国際大会出席きっかけ

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
締結書を交わすタンサガー氏(左)と福舛氏(右)、立ち会った飯島氏

 郡山南ロータリークラブ(RC)は23日、タイのチャルーン・ナコーンRCと友好クラブを締結した。同日、郡山市のホテルハマツで締結式を行い、両RCが相互交流を誓った。

 両RCは、2012(平成24)年にタイ・バンコクで開かれたRCの国際大会に郡山南RCが出席したことをきっかけに交流が始まった。7年間にわたる活動が締結につながった。

 締結式では、郡山南RCの福舛透会長が「友情を育み交流を深めていこう」、チャルーン・ナコーンRCを代表してタンサガー・クライパストガバナーが「手と手を取り合い、国際奉仕の交流の輪を広げていこう」と話し、締結書に署名した。国際ロータリー2530地区中央分区の飯島成一ガバナー補佐が立ち会い、「友好が続くように力を合わせよう」とあいさつした。