乳がんリハビリヨガ いわきで体験会、患者らの生きがいづくり

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
乳がんリハビリヨガの指導に当たる桜井さん

 乳がん健診の早期受診を推進するピンクリボン運動を応援している「Iwakiピンクリボン」は27日、福島県いわき市平のスタジオアクシーで乳がん経験者を対象としたリハビリヨガ体験会を開いた。

 同市では、2015(平成27)年度の乳がん検診を受ける人の割合が対象者の14.7%と全国的にも低い。こうした状況などから同団体は啓発活動に取り組んでいる。今回の教室は、乳がん患者の生きがいや精神的に安定できる場所づくりを目的に初めて企画した。

 乳がんを患った人や家族、友人ら約10人が参加した。宮城県で乳がんリハビリヨガ講師として活動する桜井祐子さんが、安定した呼吸法や、肩や腕の筋肉をほぐす運動などを指導した。

 同団体は、乳がんリハビリヨガの講師育成に取り組んでおり、今回の体験会をスタートに、本格的に乳がん患者向けのヨガ教室をスタートさせる方針。