ふたば未来学園中、入学者選抜1月12日 出願は12月4日から

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 来春に広野町に開校するふたば未来学園中(仮称)など県立中学校の入学者選抜が来年1月12日に行われる見通しとなった。

 県立中学校・高校入学者選抜事務調整会議が28日、適性検査などの日程を盛り込んだ報告書を県教委に提出した。県教委が9月の定例会で日程や選抜方法などを正式決定する。

 同校は、ふたば未来学園高に併設する中高一貫校として開校する。定員を1学年60人とし、80%程度を一般選抜、20%程度をスポーツ選抜で募集。

 一般選抜に双葉郡(出身者を含む)の児童を対象とする地域枠を設ける。スポーツ選抜には目的意識や小学校での各種大会の成績などを確認する志願理由書の提出を求める。 出願書類の提出は12月4~10日となる。

 震災後、猪苗代中特設バドミントン部として活動する富岡一中の選手は来春から、ふたば未来学園中に転入する見通し。