子育て支援「くるみん認定」取得 ダイハツ福島と脳神経疾患研究所

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
森戸局長(中央)から認定通知書を受けた塚原会長(左)と寺西局長

 ダイハツ福島(郡山市)と脳神経疾患研究所(同)は29日、厚生労働省が従業員の子育て支援に積極的に取り組む企業を認定する「くるみん認定(子育てサポート企業)」を取得した。県内のくるみん認定企業は35社になった。

 ダイハツ福島は育児休業、育児休業給付の制度周知や情報提供を行った結果、出産した女性全員が育児休業を取得した。脳神経疾患研究所は従業員の育児休業取得が高い水準で維持されているほか、多様な勤務形態を取り入れることで、時間外労働時間を大幅に削減した。

 「くるみん認定」交付式は同日、福島市の福島労働局で行われた。森戸和美同局長がダイハツ福島の塚原靖弘会長、脳神経疾患研究所の寺西仁法人本部管理局長に認定通知書を手渡した。