最高賞に阿部さん JA夢みなみ、須賀川でナシ品評会

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
出品されたナシの色目や形などを確認する審査員ら

 JA夢みなみは24日、須賀川市のきゅうりん館で同JA管内産のナシ(幸水)の品評会を開き、最高賞の知事賞に阿部一恵さん(すかがわ岩瀬)のナシを選んだ。

 管内の生産者から83点が出品された。同JA役員らが審査員を務め、ナシの色や形、玉ぞろいなどを審査した。同JAによると、今季のナシは、猛暑や干ばつの影響で小玉の傾向となったが、糖度は例年より高めだという。出品されたナシの平均糖度は13.6度、最高糖度は16.1度だった。