女子会で「福島牛」堪能 JAふくしま未来・肉フェスに280人

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
福島牛を味わった参加者

 風評払拭(ふっしょく)と農産物PRに向け、JAふくしま未来は25日、福島市土船の新ふくしまファーム農場で「みらいろ女子会DE肉フェス」を初めて開き、参加者約280人が楽しいひとときを過ごした。

 福島牛100キロが用意され、参加者はサーロイン、肩ロース、バラ、モモの部位をおいしく味わった。

 地元産野菜などが提供されたほか、豪華景品が当たる抽選会やステージイベントなども繰り広げられた。