ボート転覆か?相馬で釣り中事故 男性5人無事、自力で海岸へ

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 30日午後0時25分ごろ、相馬市磯部の大洲海岸の東約30メートルの太平洋上で「乗組員らしき人たちが船にしがみついている」と、118番通報があった。乗船していたのは男性5人で、自力で海岸に上陸して無事だった。

 5人のうち福島市の男性(32)は釣り針が足の甲に刺さる軽傷を負い、新地町の病院に運ばれた。

 福島海上保安部よると、5人がプレジャーボートで釣りをしていたところ、波を受けて転覆したとみられる。

 転覆した船は付近の海岸に漂着した。船からの油の流出はないという。